新規登録後に最初にやること その① 事業所設定

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
【STEP1】左メニューの各種設定から事業所を選択します。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP2】各項目を入力していきます。税務署に青色申告承認申請書を提出している場合は、申告区分を「青色申告」にします。そうでない場合は、「白色申告」にします。製造原価科目の利用は、業種が製造業や建築業などの場合で、製造原価を用いる場合は「利用する」にチェックをします。それ以外の業種は、チェックを外します。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP3】「詳細情報の追加」をクリックして、氏名、住所などを入力します。この部分の情報が、確定申告書の氏名、住所欄に転記されます。間違いないように入力してください。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP4】さらに、必要な情報を入力していきます。会計期間は、個人事業の場合は、1月1日〜12月31日となり、法人の場合は、その法人の会計期間を入力します。3月決算の場合は、「4月1日〜3月31日」となります。消費税の課税方式は、自社の課税方式にあった項目を選択します。償却費の記帳方法、文字コードはデフォルト設定のまましておきます。
消費税の設定については、「新規登録後にまずやっておくこと その④ 消費税の設定」のページにて詳しく解説しています。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定

【STEP5】文字コードは「Excel用(shift-JIS)」、「資産の部、負債の部、純資産の部 ごとに改ページする」はチェックを外しておきます。ここにチェックすると、貸借対照表が1枚ではなく、3枚の用紙に分別されてしまい見にくくなってしまいます。 「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定

【STEP6】「設定を保存」をクリックします。これで、事業所の設定は完了です。