取引から入力の「自動仕訳ルール」の設定方法

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
「取引から入力」とは何ですか?で解説しましたが、「取引から入力」を利用するには、まずはじめに「取引先」を登録して、その次に「自動仕訳ルール」の設定をする必要があります。「取引先」を登録して、「自動仕訳ルール」の設定をしてはじめて「取引から入力」を効率的に使えるようになります。
本日の記事は、取引から入力の「自動仕訳ルール」の設定方法について解説していきます。

【STEP1】 左メニューの手動で入力→取引から入力をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計  自動仕訳ルールの設定-1


【STEP2】 「自動仕訳ルール」をクリックします。

マネーフォワードクラウド確定申告  自動仕訳ルールの設定-2


【STEP3】「収入ルール」をクリックします。「取引から入力」の収入では、現実的には、売掛金の入力を行うことが多いと考えられることから、ここでは、売掛金の設定について、解説していきます。

マネーフォワードクラウド会計  自動仕訳ルールの設定-3


【STEP4】 表示条件をクリックして、取引先で設定した「得意先」の会社を選択します。ここで、「得意先」の会社が表示されない場合は、左メニューの各種設定の取引先から「得意先」の会社を登録してください。

マネーフォワードクラウド確定申告  自動仕訳ルールの設定-4


【STEP5】各項目を入力していきます。
取引内容:「売掛金の計上」と入力します。
勘定科目:「売上高」を選択リストから選びます。
補助科目:得意先をを選択リストから選びます。選択リストになかったら、売上高の補助科目の登録をしてください。このとき、補助科目名称は「得意先」の会社名となります。
税区分:勘定科目を選択すると自動的に設定されます。変更しないようにしてください。
最後に「登録」をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計  自動仕訳ルールの設定-5


【STEP6】登録ボタンがゴミ箱ボタンに変わったら、登録完了です。

マネーフォワードクラウド確定申告  自動仕訳ルールの設定-6


【STEP7】 続いて、買掛金の自動仕訳ルールを設定します。「支出ルール」をクリックします。「取引から入力」の支出では、現実的には、買掛金の入力を行うことが多いと考えられることから、ここでは、買掛金の設定について、解説していきます。

マネーフォワードクラウド会計  自動仕訳ルールの設定-7


【STEP8】 表示条件をクリックして、取引先で設定した「仕入先」の会社を選択します。ここで、「仕入先」の会社が表示されない場合は、左メニューの各種設定の取引先から「仕入先」の会社を登録してください。

マネーフォワードクラウド確定申告  自動仕訳ルールの設定-8


【STEP9】各項目を入力していきます。
取引内容:「買掛金の計上」と入力します。
勘定科目:「仕入高」を選択リストから選びます。
補助科目:仕入先をを選択リストから選びます。選択リストになかったら、仕入高の補助科目の登録をしてください。このとき、補助科目名称は「仕入先」の会社名となります。
税区分:勘定科目を選択すると自動的に設定されます。変更しないようにしてください。
最後に「登録」をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計  自動仕訳ルールの設定-8


【STEP10】登録ボタンがゴミ箱ボタンに変わったら、登録完了です。

マネーフォワードクラウド確定申告  自動仕訳ルールの設定-9


繰り返しになりますが、ここで設定した内容は、「取引から入力」画面の入力時に反映されます。