「取引先」の登録方法

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
「取引から入力」とは何ですか?で解説しましたが、「取引から入力」を利用するには、まずはじめに「取引先」を登録する必要があります。
「取引先」を登録することにより、「自動仕訳ルールの設定」が可能になり、結果として、手動で入力の「取引から入力」を効率的に使うことができるのです。言い換えれば、「取引先」の登録を行わないと、「自動仕訳ルールの設定」ができないばかりか、「取引から入力」を"登録から呼び出しての簡素化入力"ができないのです。

*「取引先」の登録は、別サービスのマネーフォワードクラウド請求書の補助科目作成時の補助科目の選択にも利用しますが、マネーフォワードクラウド請求書の解説は本サイトでは割愛させていただきます。

繰り返しになりますが、「取引から入力」を利用するための前段階の設定手順は以下の通りとなります。
①売掛金または買掛金の「補助科目」の登録→②「取引先」の登録(本記事)→③「自動仕訳ルールの設定」→④「取引から入力」

本記事では、マネーフォワードクラウド会計・確定申告の「取引先」の登録方法を解説していきます。

【STEP1】 左メニューの各種設定→取引先をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計-「取引先」の登録


【STEP2】売掛金の取引を登録する場合は「得意先」をクリック、買掛金の取引を登録する場合は「仕入先」をクリックします。
*「得意先」というのは、売上先のことです。一方、「仕入先」というのは仕入先、外注先のことを指しています。

マネーフォワードクラウド確定申告-「取引先」の登録-2


【STEP3】ー① 売掛金の得意先を登録する場合
【STEP2】で「得意先」を選択して各項目を入力していきます。
取引先名は得意先(売上先)の会社名を入力します。勘定科目は「売掛金」を選択します。補助科目は、得意先(売上先)の会社名を選択します。
この時、補助科目の選択窓に得意先が表示されない場合は、予め「各種設定→勘定科目」から補助科目として「得意先(売上先)の会社名」を登録することが必要です。 検索キーは数字を入力しておきます。この取引先設定画面内で、数字順に並び替えをすることができます。特に必要のない場合は、検索キーは空欄のままにしておきます。

勘定科目「売掛金」は借方科目として設定され、貸方科目は自動的に「売上高」が設定されます。
最後に「登録」をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計-「取引先」の登録-3

【STEP3】ー② 買掛金の取引先を登録する場合
【STEP2】で「仕入先」を選択して各項目を入力していきます。
取引先名は仕入先の会社名を入力します。勘定科目は「買掛金」を選択します。補助科目は、仕入先の会社名を選択します。
この時、補助科目の選択窓に取引先が表示されない場合は、予め「各種設定→勘定科目」から補助科目として「仕入先の会社名」を登録することが必要です。
検索キーは数字を入力しておきます。この取引先設定画面内で、数字順に並び替えをすることができます。特に必要のない場合は、検索キーは空欄のままにしておきます。

勘定科目は「買掛金」は貸方科目として設定され、借方科目は自動的に「仕入高」が設定されます。
最後に「登録」をクリックします。

マネーフォワードクラウド確定申告-「取引先」の登録-4

以上で、マネーフォワードクラウド会計・確定申告の「取引先」の登録は完了です。