新規登録後に最初にやること その⑦ 検索キーの設定

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
 検索キーとは、数字による勘定科目のショートカット機能を言います。「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」では、デフォルト設定でローマ字入力による勘定科目のショートカット機能が標準であります。例えば、「現金」を選択したければ、「gen」と入力すると選択リストに「現金」が表示されます。
 一方、検索キーは、ローマ字ではなく数字と勘定科目を紐づけてショートカットを可能にする機能です。例えば、「現金」の検索キーに「100」と設定して、勘定科目の入力時に「100」と入力すれば、「現金」が表示されます。
 特に、数字による検索キーの設定は、これまでインストール型会計ソフトで数字で勘定科目を入力しておられた方は、この設定は必須といえます。なお、弥生会計では、検索キーのことをサーチキーと呼んでいます。また、EPSONの財務応援やTKCのFX2等も数字による勘定科目入力が可能です。 実は、数字を入力して勘定科目を選択する方法は、多くの税理士事務所の実務で採用されている方法です。

【STEP1】左メニューの各種設定から勘定科目を選択します。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-勘定科目設定


【STEP2】検索キーの欄に紐付ける数字を入力します。これまで使用していたインストール型会計ソフトと同じ数字を入力します。入力と同時に登録となります。
「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-検索キー設定

 インストール型会計ソフトを使ったことがない方で、これから初めて「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」を利用する方でも、是非この数字による勘定科目の入力を身に着けてほしいと思っています。慣れないうちは時間が掛かるのですが、一旦覚えてしまえば、以後は非常に入力時間を短縮することができるからです。