新規登録後に最初にやること その⑤ 摘要語句の設定

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
例:通信費という勘定科目に、「NTTドコモ、携帯電話料金」という摘要語句を登録する方法を解説します。毎月発生する取引にかかる要素を予め登録しておくことにより、日々の会計業務を効率化することができます。

【STEP1】左メニューの各種設定から適用辞書を選択します。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP2】摘要語句を登録する勘定科目を選択します。今回は、通信費という勘定科目を選択します。
「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP3】摘要語句欄に、「NTTドコモ、携帯電話料金」と入力して、検索キー欄に「enu」と入力します。登録をクリックします。
 なお、設定した摘要語句は仕訳帳入力・総勘定元帳(新形式)・補助元帳(新形式)でのみ利用できます。振替伝票入力では利用できません(平成30年7月15日現在)。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP4】仕訳入力画面で登録した摘要語句を実際に使ってみます。メニューの手動で仕訳から仕訳帳入力を選択します。

「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定


【STEP5】登録した摘要語句が、摘要欄で自動的に表示されるのでクリックして確定します。登録した勘定科目でのみ摘要語句が表示されます。今回のケースでは通信費で登録したので、通信費という科目が借方もしくは貸方にある場合でのみ表示されます。 他の科目では表示されません。
「マネーフォワードクラウド会計・確定申告」-事業所設定