「手動で仕訳」する3つの入力画面

マネーフォワードクラウド会計・確定申告には、金融機関やクレジットカードと連携して仕訳を自動取り込みする方法の他に、インストール型会計ソフトと同様に手動で仕訳入力する方法も用意されています。本記事では、代表的な「手動で入力」する3つの方法を紹介していきます。「振替伝票入力」「簡単入力」「仕訳帳入力」の3つです。
マネーフォワードクラウド会計・確定申告-銀行明細の手動アップロード-1

振替伝票入力

インストール型会計ソフトでは、おなじみの借方と貸方があるおなじみの伝票です。弥生会計では「振替伝票」、財務応援では「複合伝票」という名称です。マネーフォワードクラウド会計・確定申告では、「行追加」をクリックすると新たに仕訳行が追加されます。 マネーフォワードクラウド会計・確定申告-銀行明細の手動アップロード-1

① 対象:会計や簿記の知識のある方、または既存のインストール型会計ソフトからマネーフォワードクラウド会計・確定申告に移行された方
② どのような取引の時に使用するか:主として、複合仕訳(*1)がある取引に使用します。例えば、売掛金の入金時に振込手数料を差し引かれて入金された場合、または、買掛金の支払い時に、振込手数料を差し引いて支払った場合などです。給料の支給時なども通常は、振替伝票を利用します。
*複合仕訳とは、1つの取引に、複数の勘定科目が発生する伝票のことをいいます。
③ 例:売掛金の入金時に振込手数料を差し引かれて入金されてきた場合は、以下のような振替伝票となります。2行に渡って仕訳が発生していることが分かります。 マネーフォワードクラウド会計・確定申告-銀行明細の手動アップロード-1

簡単入力

弥生会計では「かんたん取引入力」、財務応援では、「入金・出金伝票」という名称です。
① 対象:会計や簿記の知識の ない方。既存ののインストール型会計ソフトを使ったことがなく、初めてマネーフォワードクラウド会計・確定申告を利用される方
② どのような取引の時に使用するか:主として、現金や預金の入出金の入力に使用します。現金の出金伝票は現金で支払った際に受け取ったレシートなどを見ながら入力します。現金の入金伝票は、(自社発行の)領収書を見て入力します。預金の入出金伝票は預金通帳を見ながら入力します。マネーフォワードクラウド会計・確定申告では、簿記や会計の知識のない方でも、簡単に入力されるような設計となっています。
③ 例:一時駐車料金を現金で支払った場合は、以下のような入力となります。 マネーフォワードクラウド会計・確定申告-銀行明細の手動アップロード-1
「簡単入力」画面からの入力は、入金または出金の取引の種類を選択して、科目、金額を入力するするだけで伝票の作成が完了します。つまり、会計や簿記の知識がない方でも伝票の作成が可能となっています。「簡単入力」画面では、仕訳辞書機能は使えません。

仕訳帳入力

弥生会計では「仕訳日記帳入力」、財務応援では「単一振替仕訳」という名称です。すでに入力済みの仕訳が上に配置され、一番下の行に入力します。 マネーフォワードクラウド会計・確定申告-銀行明細の手動アップロード-1

① 対象:ある程度、会計や簿記の知識のある方
② どのような取引の時に使用するか:借方と貸方にそれぞれ1科目の勘定科目だけで完結する取引です。ある程度、会計や簿記の知識のある方が、売掛金や買掛金の発生時、もしくは現金での経費支払時の伝票作成に使用すると、高速での伝票入力が可能となるでしょう。
③ 例:売掛金の発生時には以下のような仕訳となります。 マネーフォワードクラウド会計・確定申告-銀行明細の手動アップロード-1