「取引から入力」とは何ですか?

本日は、マネーフォワードクラウド会計・確定申告の「取引から入力」の解説をします。「取引から入力」では、予め「取引先」、「勘定科目」、「補助科目」を登録しておくことにより、2回目以降の入力の簡素化ができる入力補助機能です。「取引から入力」では、現実的には売掛金や買掛金の伝票を登録するケースが一番多いと考えられるので、売掛金と買掛金の入力を例に挙げて解説します。

手動で入力の「取引から入力」を利用するには、予め、「補助科目」の登録、「取引先」の登録、「自動仕訳ルールの設定」が必要になります。 それらの設定がなくても、「取引から入力」を利用することはできます。しかし、肝心の"取引先や取引内容を呼び出しての簡素化入力"ができません。「取引から入力」を利用する前に、「取引先」の設定、「補助科目」の登録、「自動仕訳ルールの設定」の設定を行うことをおすすめします。

*マネーフォワードクラウド会計・確定申告の仕様上は、「取引から入力」では、受取手形や借入金の返済等の仕訳を登録することも可能です。しかし、「取引から入力」を利用するための前提となる「取引先」の設定では、「1社1取引」に限られるため、現実的には、「取引から入力」では売掛金や買掛金の伝票登録になると考えられます。


「取引から入力」には、「収入(売掛金の計上)」と「支出(買掛金の計上)」の2つあります。

まずは、「収入(売掛金の計上)」の解説をします。


【STEP1】 左メニューの手動で入力→取引から入力をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計-取引から入力-収入-1


【STEP2】 収入をクリックします。

マネーフォワードクラウド確定申告-取引から入力-収入-2


【STEP3】自社が発行した請求書に記載されている取引日を入力して、取引先の入力欄をクリックして取引先(売り先)を選択します。(ここで表示される取引先は、各種設定の「取引先設定-得意先」で登録した取引先です。もし、取引先が表示されない場合は、予め「取引先の設定-得意先」で取引先の登録を完了してください。)

マネーフォワードクラウド会計-取引から入力-収入-3


【STEP4】 取引内容の入力欄をクリックして、「取引内容」を選択します。今回は、「売掛金計上」を選択します。(ここで表示される「取引内容」は、「自動仕訳ルールの設定」で設定した「取引内容」です。もし「取引内容」が表示されない場合は、予め「「自動仕訳ルールの設定」で取引内容の登録を完了してください。)
* 他の会社で設定した取引内容も表示されます。

マネーフォワードクラウド確定申告-取引から入力-収入-4


【STEP5】自社が発行した請求書に記載されている金額を入力します。支払期限欄は、「収入」の場合は、売掛金の入金予定日を入力します。支払期限欄は、メモ機能であり、他の箇所に連動や影響することはないので、特に必要がなければ入力しなくても構いません。クリップのアイコン画像は、自社発行の請求書を必要に応じて添付しておくことができます。最後に、登録をクリックすると伝票が登録されました。

マネーフォワードクラウド会計-取引から入力-収入-5


【STEP6】実際に登録された伝票を、左メニューの「会計帳簿」→「仕訳帳」で確認します。

マネーフォワードクラウド確定申告-取引から入力-収入-6


では、引き続き、「支出(買掛金の計上)」の解説をします。

【STEP7】 左メニューの手動で入力→取引から入力をクリックします。

マネーフォワードクラウド会計-取引から入力-収入-7


【STEP8】 支出をクリックします。

マネーフォワードクラウド確定申告-取引から入力-収入-8


【STEP9】取引先(仕入・外注先)発行の請求書に記載されている取引日を入力して、取引先の入力欄をクリックして取引先(仕入・外注先)を選択します。(ここで表示される取引先は、各種設定の「取引先設定-取引先」で登録した取引先です。もし、取引先が表示されない場合は、予め「取引先の設定-取引先」で取引先の登録を完了してください。)

マネーフォワードクラウド会計-取引から入力-収入-9


【STEP10】 取引内容の入力欄をクリックして、「取引内容を」選択します。今回は、「買掛金計上」を選択します。(ここで表示される「取引内容」は、「自動仕訳ルールの設定」で設定した「取引内容」です。もし「取引内容」が表示されない場合は、予め「自動仕訳ルールの設定」で取引内容の登録を完了してください。) * 他の会社で設定した取引内容も表示されます。

マネーフォワードクラウド確定申告-取引から入力-収入-10


【STEP10】取引先(仕入・外注先)が発行した請求書に記載されている金額を入力します。支払期限欄は、「支出」の場合は、買掛金の支払予定日を入力します。支払期限欄は、メモ機能であり、他の箇所に連動や影響することはないので、特に必要がなければ入力しなくても構いません。クリップのアイコン画像は、取引先(仕入・外注先)が発行した請求書を必要に応じて添付しておくことができます。最後に、登録をクリックすると伝票が登録されました。

マネーフォワードクラウド会計-取引から入力-収入-11


【STEP11】実際に登録された伝票を、左メニューの「会計帳簿」→「仕訳帳」で確認します。

マネーフォワードクラウド確定申告-取引から入力-収入-12


 本記事で解説している「取引から入力」はどのような場合に使えばいいのでしょうか? たまにお客様から聞かれることがあります。しかし、正直なところ私はどこで使えばいいのか分からないというのが本音なのです。
 「取引から入力」は、① 売掛金や買掛金の簡素化入力が行える、② 請求書の添付ができる、という2つの大きな特徴があります。しかし、売掛金や買掛金の簡素化入力は、振替伝票入力や仕訳帳入力でも仕訳辞書機能を使えば同様のことができます。また、請求書添付機能にしても 仕訳帳入力でもその機能はあります。
 では、会計の知識のない人向けに「取引から入力」が用意されているのかと言えば、確かにそうかもしれません。しかし、その設定にはどうしても会計の知識が必要ですし、また、会計の知識のない方向けには、「簡単入力」が用意されています。
 さらに、「取引から入力」を行うには、事前に「取引先」の設定や、「補助科目」の登録、自動仕訳ルールの設定等を行う必要があり、それらの設定は別画面になっており、控えめに言っても分かりやすいとは言い辛いです。「こんな使い方をしています。」といった意見等がありましたら、 コメント欄から是非お聞かせください。よろしくお願いします。